専業主婦がお金を借りる場合

専業主婦の方がお金を借りることは非常に困難です。まず、消費者金融の場合は貸金業法で収入の3分の1と制限がありますから、事実上収入のない専業主婦の方がお金を借りることは無理です。実際に消費者金融のWEBには「定期的な収入がある人」という事が融資条件として挙がっています。

しかし、最近の銀行はこのような専業主婦を対象としてお金を貸しています。貸すことができる金額は少額ですし、利率も最高利率ですから条件がいいとは言えません。しかしどうして収入がないはずの専業主婦に、しかも融資姿勢が厳しい銀行がお金を貸すことができるのでしょうか。

この場合、銀行は専業主婦に対してお金を貸すとは考えていません。その旦那に対してお金を貸すと考えているのです。連帯保証人として名を連ねて欲しいとは言いませんし、銀行によっては旦那に連絡をしないケースもあります。しかし、専業主婦の信用ではなく、旦那の信用でお金を貸すのですから、貸付の審査は旦那に対するものが中心になります。

この場合、審査が通るかどうかは難しい話ですが、旦那がその銀行を給与振込銀行としていれば比較的容易に審査が通ることが多いです。なぜなら銀行側は旦那の収入も勤務先も把握していますから、特に信用情報機関に照会しなくても審査ができるためです。しかも、旦那の勤務先も口座も把握していますから、もし専業主婦の返済が滞っても貸倒の心配は最小限です。 このような貸付はできないことはないのですが、非常に審査は厳しいです。通常のカードローン審査のように特に問題がなければ通るとは考えない方がいいでしょう。

このページの先頭へ