学生がお金を借りる場合

学生であっても定期的な収入があれば金融機関からお金を借りることは可能です。ただし、多くの金融機関は、18歳未満の人に対する貸付はしませんし、20歳未満であれば親の承諾を要求します。この点だけは覚えておくといいでしょう。

学生であっても、金融機関の貸付審査は変わるものではありません。大学生であっても20歳以上でアルバイト収入等があれば、そのアルバイト収入を基礎にして貸付の審査をするのです。つまり、他の人と同じ審査をするわけです。当然アルバイト収入などの定期的な収入がなければ融資を受けることはできません。

金融機関の審査をするうえで基準とする収入は、給与収入だけではありません。親から贈与を受けた資産から定期的な配当や不動産の収入があると言う恵まれた人もいるでしょう。このような場合であっても金融機関からお金を借りることは可能です。ただし、その証明が必要なので、確定申告書の控や税務署発行の納税証明書が必要になります。

融資の審査は、各金融機関で違いがあります。比較的審査が厳しいと言われている銀行であっても、取引が長ければ融資を受けることができる場合もありますが、基本的に難しいと思った方が賢明です。そのため消費者金融での融資申込が多くなるでしょう。ただし、学生ローンと特別に商品名を付けているローンは小規模な消費者金融が企画していることが多く、融資限度額も低く利率も高いです。年間100万円前後のアルバイト収入があれば、一度大手消費者金融から申込をしてみた方がいいでしょう。

このページの先頭へ